Archive for 7月, 2012

小顔になりたい……顔のえらをなくしたい……ぽっちゃり丸顔を何とか……

そんな人たちにお薦めなのが、エステティックサロン「エルセーヌ」のフェイシャルエステ。今なら、「顔の印象が変わる フェイススリム体験」のキャンペーン中。お一人様一回に限り、通常料金の半額でケアが受けられます。

まずは、クレンジング。お肌に必要な水分を保ったまま、メイク残しやお肌の汚れを取り除きます。

次はトーナー。毛穴の奥深くたまった汚れを取り、クレンジングでも取れなかったメーク残しなどもすっきり。また、開いた毛穴を引き締めます。

イオンパック。パックで、イオンを補ってバランスを整え血行を促進。汗も大量に出て、むくみが取れます。

シャイニング(超音波)。超音波を当てることで、肌の奥の筋肉を刺激、燃焼されにくい脂肪にも働きかけます。

フェイススリムハンドメイクテクニック。リンパの流れに沿って丁寧にマッサージ。老廃物を排除していきます。

再びシャイニング(バイタリフト)。今度は電気信号で顔の表情を作る筋肉を強制的に収縮させ、鍛えます。

ジェルマスク。ジェルを顔一面に施し、キメを整え、ツヤと潤いを与えます。

最後は仕上げ。肌の乾燥を防ぎ、代謝の活発化をサポート。

これらに使われるジェルはフランスで開発されたマイクロカプセルシステムを採用しており、細胞レベルで肌に働きかけます。また、ハンドケアに使われるローションは最新のもので、筋肉と脂肪に直接の効果があります。

顔のむくみ、たるみ、二重あごにお悩みの人は見逃せません。

足を細くするためのいろいろな脚やせグッズが売れています。履くだけのスパッツは一番簡単にキレイなラインに変身できると人気が高いです。でもこれを履くだけで余分な脂肪やセルライトがなくなることはありませんので一時しのぎのものです。寝るだけタイプも同様で、スパッツを脱げば脂肪はもとに戻りますので体型補正のコルセットと同じものです。太もも痩せエステでは足痩せに必要なことをキチンと考えたメニューを作っているので、どんなことをしているのかを見るだけでも非常に参考になります。痩身は、体の代謝を良くすることが非常に大切です。巡りを良くすることで老廃物や脂肪、セルライトが初めて体外へ排出されていきます。部分的に太ももをいくらマッサージしたり温めても効果が薄いので、全身から太もも痩せにつながるように考えていくことが大切になります。
ももの裏は自分ではマッサージすることができないところなので、こうして部分をきちんとマッサージしてもらうことは非常に効果的です。固くなったセルライトを柔らかく揉みほぐしていけば、太ももは比較的簡単に細くするころができる箇所です。

30代になると肌が衰えたなと感じる人が多いです。肌のハリがなくなってくると
やはり顔がなんとなく沈んで見えるのでスキンケアやマッサージは欠かせませんね。
顔のお手入れも少し油断するとムダ毛が伸びていることもあります。
鼻下は口ひげにみえるので特に女性で気にしている人が多いのですが
なかなかもう一歩お手入れの仕方がわからないという声が
多いです。
顔脱毛はエステでも利用する人が多いコースで
かなりの数の女性が気にしている箇所です。
毛深い人は、カミソリで毎日剃るのも嫌なものだし、もっと濃くなったらどうしようと
非常に厄介なムダ毛になります。細い毛は光脱毛では反応しにくいので時間も
回数も増えていきます。少しでも早く始めたほうが良い箇所なのですが、なかなか
一歩が踏み出せないという人も多いですね。
顔はデリケートな部分なので除毛クリームやワックスなどで脱毛するのは
避けたほうがいいです。その点では、プロに任せるのが一番安心なので、病院やエステで
相談してみることをオススメします。
肌の調子が良くななることもフラッシュ脱毛ではあるので、一石二鳥です。光脱毛で美肌になりながら
ムダ毛も無くした人は、もっと早くしておけばよかったと皆さん口にしていますね。

夏になると薄着になるのでこれまで目につかなかったところも見られます。お腹や腕のお肉がついていると気になる女性は多いと思います。

冷房が強いと夏場でも冷え症になりそれが原因でセルライトが落ちにくいというケースも多いです。セルライトエステではまずは体を温めることから始めます。体全体が温めるほうが脂肪燃焼や排出がスムーズに行くので痩せるのも早くなるんですね。

肌を実際に触ってみて肌がひんやり冷たいなと感じたら、少しでもそこを温めるようにしましょう。擦るだけでも変わります。日常の中でもできるセルライト対策はたくさんあるので、この夏にすっきり細く変身することもできますよ。

ケミカルは「化学の」あるいは「化学的な」の意味です。ピーリングは「皮をむく」です。果物などの皮むき器を「ピーラー」といいますが、同じ言葉です。

つまりケミカルピーリングとは、「化学物質を使って、皮膚をはいでいく」美容方法です。

使われる薬剤(化学物質)は、AHA(アルファヒドロキシ酸)やTCA(トリクロール酢酸)、サルチル酸などです。

これらの酸を皮膚に塗り、角質や表皮、場合によってはその下の真皮まで溶かします。いったんダメージを受けた皮膚は再生してきますが、その再生した新しい肌では前にあったトラブルも古い皮膚の消滅とともに解消している、というわけです。治療の対象によって、どの深さまで溶かすかは決まってきます。

治療の対象は、ニキビ・ニキビ跡や肌荒れ、老化による小じわ、肌のくすみなどです。顔だけではなく、肉割れや妊娠線にも効果を発揮します。

また、薬剤を効率よく浸透させることができるので、ほかの施術を組み合わせて効果を高めることもできます。

肌のダメージを利用するという、やや思い切った施術なので、術前術後の治療が大切になってきます。

とくに施術直後は、角質や表皮がはがされていますから、表皮の持つ保護機能もなければ、保湿機能もありません。人為的な措置で補う必要があります。

ケミカルピーリングの施療が受けられるのは、美容外科や、エステです。ときどき施療上のトラブルが起きるのも事実です。どこでやってもらうか、評判などを調べてよく選びましょう。

塩分を取りすぎるとむくみが生じます。
人間の体は体内の塩分量を調整しようと働くため、余分に塩分を取ってしまうと水分を取り込もうとします。
塩辛い食べ物を食べるとのどが渇くのは、そのせいです。
水分を取りすぎてしまうと、むくんでしまいます。

通常であれば、体内の塩分量さえ調整できればむくみは取れます。
塩分過多で水分を摂取、そしてまた塩分を取る・・このサイクルを繰り返してしまうと常にむくみがある状態になってしまいます。
塩分に含まれているナトリウムは、水分を溜めこんでしまうのです。

慢性的なむくみを放置すると、老廃物は排出されにくくなり、脂肪と結びつくことでセルライトになってしまいます。
さらにセルライトができると血管を圧迫してしまい、むくみもどんどんひどくなるという悪循環に陥ります。

セルライトになるまえに、塩分を摂りすぎないように気を付けるのも大事ですが、体内のナトリウムを排出することも効果的です。
海草などに含まれているカリウムはナトリウムを外に出す働きがあるので、むくみ解消に役立ちます。

 

 

 

アトピーの患者は、小学生から高校生までの児童・生徒の20人に1人……文科省の調査結果だそうです。また、「医者にはかかっていないけれど、自分ではそう思う」という日本人は2200万人という推定もあります。日本の国民病といってもいいでしょう。

アトピーの原因とされるものはいくつかあります。遺伝的要因、栄養の要因、環境の要因など。ですが、最大のものとされているのは、腸内や皮膚、肺などの細菌叢(さいきんそう)です。細菌叢とはある環境で生育する細菌の群れがさらに集まってできたものです。

この「ある環境」のうち最大のものが腸ということになります。

もしアトピーの原因が腸にあるなら、腸内環境を整えることが改善の第一歩となります。

腸内には善玉菌と悪玉菌の両方が存在しています。体調がいいときには、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えています。が、宿便がたまると、悪玉菌の温床となり、勢力が逆転してしまいます。

悪玉菌はたいてい毒素を持っており、「悪玉」といわれる由縁にもなっています。毒素による影響で、なかでもアトピーに関係しそうなのが、免疫力の低下です。また、特にアトピーではなくても、肌のつやや張りが失われます。

もちろんアトピーの原因は単純ではなく、宿便をとったからといって、即座に解決するものではありません。

が、宿便を取ることは、ほかの面からも健康への改善につながりますし、それはすなわちアトピーの“外堀”を埋めることにもなります。今はサプリメントや健康食品などで、効果のあるものがたくさん出ています。上手に日常生活に取り込むようにしましょう。

皮下脂肪に悩んでいる人にとって、最も直接的かつ効果的な解決方法は脂肪吸引でしょう。

脂肪吸引は特殊な管を体に刺し、皮下脂肪を吸い取っていく方法です。改良された最も新しい方法では、狙った皮下脂肪の約90パーセントを取り除くことができるといわれています。

これより以前は皮膚を切り開き、メスで脂肪を切り取る方法が主流でした。

切除に比べて、脂肪吸引は体への負担が少ないのが特徴です。それでも、全身麻酔が必要ですし、出血や体のはれもあります。また、医師ごとに技術の差が大きく、脂肪をとった後の皮膚がでこぼこになることもあります。

そこで、さらに体への負担が少ない方法として、最近登場し人気を集めているのが、メソセラピーです。

メソセラピーで使われるのは、小さな注射器です。これで、脂肪を溶かす薬剤を必要なところに注入します。薬で溶けた脂肪は血液中に流れ出し、やがては体の外へ排出されます。

全身麻酔は必要ありません。部分やせにも使え、肌の表面も不自然になることはありません。また、施術当日から日常生活に戻ることができるぐらい体への負担も少ないです。

短所としては、一回ごとに施術できる範囲が狭く、また効果もそれほど甚大ではありません。体脂肪の量によっては、一気に脂肪がとれる脂肪吸引の方が治療回数が少なく、安く済む可能性があります。

メソセラピーは医者任せの、運動も食事制限も必要のない方法なので、これまで何度もダイエットに成功しなかった人には救世主のような存在になるかもしれません。