塩分を取りすぎるとむくみが生じます。
人間の体は体内の塩分量を調整しようと働くため、余分に塩分を取ってしまうと水分を取り込もうとします。
塩辛い食べ物を食べるとのどが渇くのは、そのせいです。
水分を取りすぎてしまうと、むくんでしまいます。

通常であれば、体内の塩分量さえ調整できればむくみは取れます。
塩分過多で水分を摂取、そしてまた塩分を取る・・このサイクルを繰り返してしまうと常にむくみがある状態になってしまいます。
塩分に含まれているナトリウムは、水分を溜めこんでしまうのです。

慢性的なむくみを放置すると、老廃物は排出されにくくなり、脂肪と結びつくことでセルライトになってしまいます。
さらにセルライトができると血管を圧迫してしまい、むくみもどんどんひどくなるという悪循環に陥ります。

セルライトになるまえに、塩分を摂りすぎないように気を付けるのも大事ですが、体内のナトリウムを排出することも効果的です。
海草などに含まれているカリウムはナトリウムを外に出す働きがあるので、むくみ解消に役立ちます。

 

 

 

Leave a Reply