ケミカルは「化学の」あるいは「化学的な」の意味です。ピーリングは「皮をむく」です。果物などの皮むき器を「ピーラー」といいますが、同じ言葉です。

つまりケミカルピーリングとは、「化学物質を使って、皮膚をはいでいく」美容方法です。

使われる薬剤(化学物質)は、AHA(アルファヒドロキシ酸)やTCA(トリクロール酢酸)、サルチル酸などです。

これらの酸を皮膚に塗り、角質や表皮、場合によってはその下の真皮まで溶かします。いったんダメージを受けた皮膚は再生してきますが、その再生した新しい肌では前にあったトラブルも古い皮膚の消滅とともに解消している、というわけです。治療の対象によって、どの深さまで溶かすかは決まってきます。

治療の対象は、ニキビ・ニキビ跡や肌荒れ、老化による小じわ、肌のくすみなどです。顔だけではなく、肉割れや妊娠線にも効果を発揮します。

また、薬剤を効率よく浸透させることができるので、ほかの施術を組み合わせて効果を高めることもできます。

肌のダメージを利用するという、やや思い切った施術なので、術前術後の治療が大切になってきます。

とくに施術直後は、角質や表皮がはがされていますから、表皮の持つ保護機能もなければ、保湿機能もありません。人為的な措置で補う必要があります。

ケミカルピーリングの施療が受けられるのは、美容外科や、エステです。ときどき施療上のトラブルが起きるのも事実です。どこでやってもらうか、評判などを調べてよく選びましょう。