皮下脂肪に悩んでいる人にとって、最も直接的かつ効果的な解決方法は脂肪吸引でしょう。

脂肪吸引は特殊な管を体に刺し、皮下脂肪を吸い取っていく方法です。改良された最も新しい方法では、狙った皮下脂肪の約90パーセントを取り除くことができるといわれています。

これより以前は皮膚を切り開き、メスで脂肪を切り取る方法が主流でした。

切除に比べて、脂肪吸引は体への負担が少ないのが特徴です。それでも、全身麻酔が必要ですし、出血や体のはれもあります。また、医師ごとに技術の差が大きく、脂肪をとった後の皮膚がでこぼこになることもあります。

そこで、さらに体への負担が少ない方法として、最近登場し人気を集めているのが、メソセラピーです。

メソセラピーで使われるのは、小さな注射器です。これで、脂肪を溶かす薬剤を必要なところに注入します。薬で溶けた脂肪は血液中に流れ出し、やがては体の外へ排出されます。

全身麻酔は必要ありません。部分やせにも使え、肌の表面も不自然になることはありません。また、施術当日から日常生活に戻ることができるぐらい体への負担も少ないです。

短所としては、一回ごとに施術できる範囲が狭く、また効果もそれほど甚大ではありません。体脂肪の量によっては、一気に脂肪がとれる脂肪吸引の方が治療回数が少なく、安く済む可能性があります。

メソセラピーは医者任せの、運動も食事制限も必要のない方法なので、これまで何度もダイエットに成功しなかった人には救世主のような存在になるかもしれません。